--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/11  とうとうこの日がやってきた!!(*^ー^)ノ 

とうとう今日から『トヨタカップ 世界クラブ選手権』が始まりますね。

emblem.jpg

今日まで紹介してきた6大陸の王者が、今日から18日までトーナメント方式で『世界一』を目指して激闘を繰り広げます。
im00027510.jpg

このトロフィーを手にするのはどのチームになるのだろうか??\(~o~)/

『今日をもちまして、ここまで続けていた毎日更新を終了させていただきます。m(_ _)m』

スポンサーサイト
[ 2005/12/11 13:42 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

12/10  3度目の頂点へ! 

saopaulo.jpg
051201_soc_saopaulo.jpg


今日は最後の1チーム、『サンパウロFC!!』

サッカー王国ブラジルが誇る“南米の白い巨人”ことサンパウロ。コパ・リベルタドーレス史上初の同国対決を制し、3度目の南米王者となった。1992年と93年にはトヨタカップ連覇を果たしている名門チームだ。

 一番の注目を集めるのは、6月のコンフェデレーションズカップで鮮烈な印象を残し、今やブラジル代表にも定着した右サイドバックのシシーニョ
311953_MEDIUMSQUARE.jpg

20050812-00000018-spnavi-spo-view-000.jpg

「カフーの後継者」と呼ばれ、1月にもスペインのレアル・マドリーへ移籍すると見られている。シシーニョとベテランのジュニオールが繰り出すサイドアタックはサンパウロの攻撃の要。そこにブラジル、イタリア、ドイツの3カ国で得点王に輝いたFWアモローゾが絡む。また、セットプレーではGKながらコパ・リベルタドーレスでチーム得点王となったロジェリオ・セニに注目。今大会でもその正確なキックから得点が生まれるかもしれない。
10001063262_s.jpg

 デニウソン、カカら数多くのスタープレーヤーを輩出しながら、南米チャンピオンの座から長く遠ざかっていたサンパウロだが、今回は9勝4分け1敗という圧倒的な強さで勝ち上がってきた。黄金時代と呼ばれた92、93年の連覇から12年。世界の舞台に戻ってきたブラジルの名門チームが、その誇りを懸けて3度目の頂点を目指す。
[ 2005/12/10 12:29 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

12/09  世界制覇を目指すコスタリカの純血クラブ!! 

saprissa.jpg
051201_soc_saprissa.jpg


今日は、『デポルティボ・サプリサ!!』

国の看板を背負い、コスタリカの純血クラブが世界制覇を目指す。メンバー全員がコスタリカ国内の選手で占められ、同国代表および元代表が半数以上。メドフォード監督も、2002年W杯(ワールドカップ)には選手として出場している。

 デポルティボ・サプリサは、コスタリカの首都・サンホセを本拠地とする国内屈指の強豪で、1935年に設立。今年で70周年を迎える。クラブ名は、設立者のリカルド・サプリサ・アイマに由来し、同名のスタジアムを持つ。国内では、アラフエレンセと並ぶ最多23回の優勝を誇り、昨シーズンはライバルに国内タイトルを譲ったものの、CONCACAF(北中米カリブサッカー連盟)選手権決勝ではプーマスUNAMを破って3度目の優勝を果たし、「FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップジャパン 2005」本大会出場権獲得の第一号となった。

 コスタリカといえば、ここ数年の躍進ぶりは目覚しく、FIFAランキングも20位台前半をキープ。2大会連続でワールドカップ出場も果たした。サプリサにとって今大会の出場は、自らの名前をアピールするだけでなく、祖国のサッカーを世界に知らしめるというミッションも担っている。それだけに、極東での戦いに臨む彼らのモチベーションは高く、世界的には無名ながら決して侮れない存在である。

★【登録メンバー】★

Pos  背番号   名前 国籍
GK  1  ホセ・ポラス  (コスタリカ)
GK 18  ファウスト・ゴンサレス  (コスタリカ)
GK 21  ケイラー・ナバス  (コスタリカ)
DF  3   ビクトル・コルデロ  (コスタリカ)
DF  4   ロナルド・ゴンサレス  (コスタリカ)
DF  5  ヘルビス・ドラモンド  (コスタリカ)
DF  6  レイナルド・パークス  (コスタリカ)
DF 13  ファン・エスキベル  (コスタリカ)
DF 14   アンドレス・ヌネス  (コスタリカ)
DF 16  ガブリエル・バディージャ  (コスタリカ)
DF 22  ホセ・フォンセカ  (コスタリカ)
DF 23  トライ・ベネット  (コスタリカ)
MF  2  クリスティアン・ボラニョス  (コスタリカ)
MF  8  ワルテル・センテノ  (コスタリカ)
MF  9   パブロ・ブレネス  (コスタリカ)
MF 10  アロンソ・ソリス  (コスタリカ)
MF 15  サウル・フィリップス  (コスタリカ)
MF 17  ホセ・ルイス・ロペス  (コスタリカ)
MF 19  ランダル・アソフェイファ  (コスタリカ)
FW  7  アラン・アレマン  (コスタリカ)
FW 11  ロナウド・ゴメス  (コスタリカ)
FW 12  アルバロ・サボリオ  (コスタリカ)
FW 20  ヘロルド・ドラモンド  (コスタリカ)

このようにみんなコスタリカの人達

[ 2005/12/09 21:09 ] サッカー | TB(0) | CM(2)

12/08  アラブのレアル・マドリード! 

Ittihad_Logo_New.gif
051201_soc_alittihad.jpg


今日は、『アル・イテハド』
 
 アジアチャンピオンズリーグ2連覇を飾ったサウジアラビアの強豪アル・イテハドは、アラブのR・マドリードと称されている。このアル・イテハドというのはどのような意味かと言うと、『アル』はアラビア語の定冠詞であり、いわゆる英語の『the』と同様に用いられる。そして、『イテハド』は、アラビア語で『統一』を意味し、いわゆる英語の『United』と同義。つまり、『アル・イテハド』とは『the United』であり、非常に一般的な名前なのである。

 潤沢な資金を抱えていると言われるアル・イテハドは、今年の世界クラブ選手権出場が決まった後、強力な助っ人を求め、欧州へ驚きの獲得オファーを出したと報じられた。その対象は、スペインの名門バルセロナのエースストライカー、カメルーン代表のFWエトーや、イタリアのミランで活躍を続けるブラジル代表のMFカカを、12月の世界クラブ選手権の期間中だけレンタルできないかというもの。しかし、両者ともにオファーを断ったため、ビック・スターがアル・イテハドの一員として来日するという夢は叶わなかった。しかし、アル・イテハドは、ブラジルのパルメイラスに所属するMFぺドリーニョを期間限定で獲得した。ぺドリーニョはブラジル代表経験を持つ28歳のプレイヤー。同選手には1ヶ月間で約5000万円という破格の提示がなされたと伝えられた。この他にも、アトレティコ・パラナエンセからFWリマとDFマルコンを獲得した。

 アルイテハドの攻撃力は、アジアレベルをはるかに超えている。前年優勝チームとして、アジアチャンピオンズリーグの決勝ラウンドから登場したアルイテハドは、横浜F・マリノスがグループリーグで連敗した山東魯能(中国)を、2試合合計8得点で粉砕。続く準決勝では、釜山アイパーク(韓国)から7得点。さらに決勝2試合でも5得点を奪い、圧倒的な力を見せつけて優勝を飾った。1929年に創立され、サウジアラビアでも最古の歴史を誇るアル・イテハドが、世界にその名を知らしめる時がやってきた!!!ヽ(´ー`)ノ

 
[ 2005/12/08 20:02 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

12/07  創設10ヶ月の快挙なるか・・・。 

mastheadclublogo.gif
 
051201_soc_sydney.jpg

今日は、『シドニーFC!!』 

いかなる強豪クラブもなし得ない偉業に挑む。オセアニア代表のシドニーFCは、今年2月に創設されたばかりの新興クラブである。歴史は浅いが“カズ”こと三浦知良らベテランを中心にチームを構成。大番狂わせを狙い日本へ乗り込んでくる。\(~o~)/

 ピエール・リトバルスキー監督は「われわれは、アンダードッグ(格下)。初戦の相手サプリサに勝てる確率は20%ぐらい」と控えめだが、8月に開幕した国内のAリーグでも首位争いを展開しており、チームは好調。さらに、1回戦を勝ち抜けば欧州王者のリバプールと対戦する機会を得られるだけに、選手のモチベーションも上がっている。

 また、リトバルスキー監督やカズだけでなく、MFのスティーブ・コリカ(元広島)とマシュー・ビングリー(元神戸、市原)、さらにアシスタント・コーチのイアン・クルーク氏もかつて広島に在籍し、24試合出場4得点という記録を残している。なじみがある日本でファンの後押しを受ければ、一気に台風の目に化ける可能性も秘めている。

 前線では、かつてイングランドの名門『マンチェスター・ユナイテッド』で活躍したFWドワイト・ヨークや、オーストラリア代表として来日した経験のあるデイビッド・ズドリリッチがカズとともにゴールを狙う。世界一を決める舞台でカズダンスが見れるかもしれない!(*^ー^)ノ

00000205-image.jpg
『三浦 知良』
それから、
『てぃさん、5000のキリ番おめでとうございます!!  (*^ー^)ノ』
 みなさんも次の6000のキリ番を狙ってみてください。これからもヨロシクおねがいしますm(_ _)m

[ 2005/12/07 20:30 ] サッカー | TB(0) | CM(2)

12/06  アルアハリが挑む無敗記録 

4a398968.jpg

051201_soc_alahly.jpg

今日は、『アルアハリ!!』

 エジプトの“レッド・デビルズ”と呼ばれるアルアハリは、「アフリカの20世紀最優秀クラブ」にも選出された古豪。国民の半分以上がサポーターとも言われる国民的クラブは、再来年に創設100周年を迎える。

 このアルアハリは、公式戦52試合無敗という記録をひっさげてやってくる。2004~2005シーズンのアルハアリは、国内リーグ26試合で24勝2分、2位に31ポイントの大差をつけて優勝という驚きの成績を残した。ちなみに、国内リーグ制覇30回というのもエジプト最多である。

 優れたテクニックを持つ選手を多く抱え、スタメンにはエジプト代表とアンゴラ代表がずらりと並ぶ。ポルトガル出身の指揮官マヌエル・ジョセがチームを率いて2年以上が過ぎ、戦術的にも成熟しチームの完成度は高い。ショートパスと素早いサイドチャンジによってゲームを支配しながら、2005年アフリカ・チャンピオンズリーグ得点王のエマド・モタブやオサマ・ホスニら強力なFW陣がゴールを狙う。鋭いパスと強力なシュート力が持ち味のMFモハメド・バラカトと司令塔のモハメド・アブトリカが攻撃をつかさどる。ジウベルトとフラビオのアンゴラ代表コンビの攻撃力も見逃せない。

 05年アフリカ・チャンピオンズリーグでは、03年と04年の覇者エニンバ(ナイジェリア)や同国のライバルであるザマレクなど、アフリカの強豪を倒してチャンピオンに輝いた。チームは04年6月から52試合連続無敗記録を達成(※05年12月1日の時点で、55試合まで継続中)。アルハアリが世界クラブ選手権を制して無敗記録継続となるのであろうか。(  ̄д ̄)


[ 2005/12/06 20:24 ] サッカー | TB(0) | CM(2)

12/05  リバプール、3度目の正直となるか 

cf_lp_505.jpg
reds-team.jpg

 今日は『リバプール』について紹介する。

 元々はリバプール市にあるもう一つのチーム、『エヴァートン』から分かれたチームである。当時のエヴァートンのスタジアム管理者と一部のチーム関係者がグラウンドの使用に関して揉めたのをきっかけに、新たに作られたのが『リバプールFC』 である。

 クラブ創設当初からタイトルに恵まれ最初のタイトルは1900 ~1901年のリーグ優勝、そして全盛期は1970年代、1980年代、その間に獲得したタイトルはリーグ11 回、FAカップ3回、リーグカップ4回、ヨーロッパチャンピオンにも4回輝いている。ビートルズ解散後のリバプールの街を世界に発信し続けていた。(ちなみにビートルズのメンバーはみな同じ街のもう一つのチーム、エヴァートンのファン)

 そんな躍進を続けるチームに2つの悲劇が訪れる。1つは1985年のヘイゼル(Heysel)で起きた『ヘイゼルの悲劇』と呼ばれるものだ。ヨーロッパチャンピオンズカップの決勝でユベントスとベルギーのヘイゼルで試合を行おうというその矢先にサポーター同士の小競り合いが起き、その最中スタジアムの壁の崩落で39人が亡くなってしまったという事件だ。そしてもう1つは、1989年のヒルズボロー(Hillsborough)で起きた『ヒルズボローの悲劇』と呼ばれる事件である。 FAカップにおける準決勝ノッティンガム・フォレスト戦の試合後に、満員状態のスタンドで96人のリバプールファンが押しつぶされ亡くなってしまった。

 この2つの悲劇の後、リバプールはタイトルから遠ざかってしまう。また、ちょうどこの時期にフーリガンがヨーロッパに悪名をとどろかせたため、イングランドのチームがヨーロッパの大会から締め出されてもいる。イングランドがイメージ一新のためにリーグを再編成しプレミアリーグを発足したのが1992年。しかし、その後リバプールは一度もリーグ優勝を遂げていない。

 変化の兆しが見られるのは90年代の後半からで、フランス人ジェラール・ウリエ( Gerard Hurie )が就任し2001年にはカップ戦を3つ( UEFAカップ、リーグカップ、FAカップ)を獲得、また2004~2005シーズンには21年ぶりのヨーロッパチャンピオンに輝いている。このチームに就任したばかりのスペイン人ラファエル・ベニテス( Rafael Benites )は、一年で大きな仕事をやってのけた。 
 
 最後にトヨタカップ(この大会の前身)での活躍を紹介する。リバプールは過去に2度トヨタカップに出場している。だが、1回目に出場した1981年はジーコ率いるフラメンゴ(ブラジル)に0-3と大敗。2回目となる1984年にはインデペンディエンテ(アルゼンチン)に0-1と、汚名返上を目指して臨んだものの惜敗してしまった。3回目となる今大会、名誉挽回となるか期待したいところである。


※一部誤りがありました。ご指摘ありがとうございました。

5000のキリ番踏んだ人コメント入れてください!!
[ 2005/12/05 22:55 ] サッカー | TB(0) | CM(2)

12/04  世界クラブ選手権!! 

『そろそろ世界クラブ選手権が近づいてきた!!(*^ー^)ノ』
 明日から毎日、その出場チームを1つずつ紹介していこうとおもう。
[ 2005/12/04 22:59 ] サッカー | TB(0) | CM(2)

12/03  卒業試験終了。 

わけあって携帯から投稿。今日で卒業試験も終わり、もうそろそろ学校も終わり、なんかヤダね・・・。明日はちゃんと更新すると思う。ごめん

[ 2005/12/03 22:00 ] 日記!? | TB(0) | CM(0)

12/02  歌舞伎町ブロードウェー計画?? 

pho_kabu.jpg
s1125924043.jpg

 
 歌舞伎町を日本のブロードウェーにするために、東京・歌舞伎町の“浄化作戦”というのをホンキでやるらしい。
 この浄化作戦は昨春から始まっており、違法風俗店やカジノなどがガンガン挙げられました。スタートして1年ちょっとで計300店以上が摘発され、従業員や暴力団関係者、不良外国人まで合わせると3000人が捕まったともいわれているらしい。また、歌舞伎町から手を引く風俗業者も増え、東洋一の歓楽街はまさに壊滅状態になっている。不況も手伝って、今や6000~7000室あるテナントのうち1000室が空き部屋になっているというのが現状。

 新宿区は大まじめに再生を考えているようで、他の行政機関や地元業者とタッグを組んで歌舞伎町を文化都市にしようと考えている。「歌舞伎町ルネッサンス」なる計画で、22日、国の地域再生計画に認定された。歌舞伎町の空きテナントには、演劇、映画、音楽などのエンタメ関連産業を中心に誘致するということらしい。07年度をメドに、歌舞伎町全体をプロデュースする会社組織を立ち上げる予定だとか・・・。( ̄o ̄)
 まぁ、エンタメ関連産業が入るというのはかなりうれしいことなんで、できれば早くできて欲しい感じもするが、実際には、やはりかなり難しいことなので、予定されてる期間では出来上がらないと思う。
[ 2005/12/02 16:06 ] 日記!? | TB(1) | CM(4)

12/01  第56回 紅白歌合戦出場歌手決定!! 

今年もまたこの時期がやってきましたぁ~。ヽ(´ー`)ノ
っというのも、今日、あの『紅白歌合戦』の出場歌手が決定しましたぁ~!!
 大みそかの恒例番組ということで、みなさんも注目していたことでしょう!そして、今年からは視聴者が聴きたい曲を投票するアンケート“スキウタ”の結果を構成・演出に反映させるという新企画を取り入れたというのもあり、今年は特に気になっていたことでしょう。自分は、31日、予備校の冬期講習があるので、残念ながら見れないんだよねぇ~(ノ_・、)

                     ★注目の出場者は★
 

2005年 第56回 NHK紅白歌合戦出場歌手  *出場回数順
『紅組』
・AI【初】
・伊藤由奈【初】
・倖田來未【初】
・ゴリエ【初】
・&DEF.DIVA【初】
・松任谷由実 with Friends Of Love The Earth【初】
・渡辺美里【初】
・大塚愛【2】
・平原綾香【2】
・倉木麻衣【3】
・鈴木亜美【3】
・一青窈【3】
・水森かおり【3】
・aiko 【4】
・島谷ひとみ【4】
・中島美嘉【4】
・夏川りみ【4】
・BoA 【4】
・松浦亜弥【5】
・浜崎あゆみ【7】
・モーニング娘。【8】
・DREAMS COME TRUE 【10】
・天童よしみ【10】
・森山良子【10】
・長山洋子【12】
・香西かおり【13】
・藤あや子【14】
・坂本冬美【17】
・川中美幸【18】
・小林幸子【27】
・石川さゆり【28】

『白組』
・m-flo【初】+♥Akiko Wada【29】
・北山たけし【初】
・グループ魂【初】
・コブクロ【初】
・スキマスイッチ【初】
・D-51【初】
・Def Tech【初】
・山崎まさよし【初】
・WaT【初】
・アリス【2】
・氣志團【2】
・森山直太朗【2】
・T.M.Revolution【3】
・wーinds.【4】
・ポルノグラフィティ【4】
・CHEMISTRY【5】
・ゴスペラーズ【5】
・氷川きよし【6】
・山川豊【11】
・TOKIO【12】
・SMAP【13】
・前川清【15】
・さだまさし【17】
・鳥羽一郎【18】
・布施明【21】
・美川憲一【22】
・細川たかし【31】
・五木ひろし【35】
・森進一【38】
・北島三郎【42】

和田アキ子は白組??ってヽ(´o`; オイオイ
[ 2005/12/01 17:30 ] 日記!? | TB(0) | CM(1)
プロフィール

M~さん(エムーサン)

  • Author:M~さん(エムーサン)
  • ・おとこ
    ・大学生
    ・オリンピックで有名になったアーチェリーをやっていた。今は、JazzやRockに夢中。
    ・スポーツ全般が好き、特にサッカー。Manchester  United というイングランドのサッカークラブがかなり好き。
    ・あるやつに「おまえん家、竪穴式住居なんだろっ」て言われるけど、オレはいたって普通の住居に住んでるつもり。(;¬_¬)
    ・笑顔が好き、笑顔は最高。
    ・好きな色はみどり。
    ・Mr.Childrenファン。ファンクラブにも入っている。
    ・常に『世界進出』を目論んでいる。
    ・『ピンチをチャンスにかえる』のではなく、『チャンスをピンチにかえる』人を見てみたい。
今日の一言!ヽ(´∀`)ノ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。