--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/20  今年は、ギネス誕生50周年!! 

今年2005年は、ギネスブックが誕生してからちょうど50周年にあたるらしい!!そのギネスの一部を日本で見れるところが、今年8月に東京タワーのフットタウン3階にオープンした「ギネス ワールド レコード ミュージアム TOKYO」だ。ここでは、1フロア約570平方メートルというスペースに、世界一に認定された300点以上の記録の数々が展示されています。そしてこのように、ギネス・ワールド・レコード社とライセンス契約を結んだ公式のギネス記録展示施設は、アメリカに3カ所とカナダ、デンマークに各1カ所の計5カ所に開設されている。今回の施設は世界で6カ所目の施設となる。
 そもそも『ギネスブック』とは、アイルランドのビール会社、ギネス社 (Guinness) の関連会社「ギネス・ワールド・レコード社」が発行しているもので、さまざまな分野の世界一が何かを認定、掲載している。
収録されるのは、発行元が定める「認定されたカテゴリー」の元で「認定されたルール」に従って作られた記録である。ギネスブックの名称は2002年度版からギネス・ワールド・レコーズ(ギネス世界記録)に改称された。
日本語版は長らく『きこ書房』が手がけてきたが、2002年版を最後に取り扱いをやめたため、2004年版からは『ポプラ社』が発行しているが、2003年版は発売されていない。

『発行のきっかけ』
ギネスブックの発行は、ギネス社の社長(厳密にはManaging Directorという役職)であるヒュー・ビーバーが、仲間とアイルランドへ狩りに行った時の出来事がきっかけ。狩りの獲物のうち、世界一速く飛べる鳥はヨーロッパムナグロかライチョウか、という議論になり、これになかなか結論が出なかったためで、ビーバーがもしこういう事柄を集めて載せた本があれば評判になるのではないかと発想した。ロンドンで調査業務を行っていたノリス・マクワーターとロス・マクワーター(二人は双子)に調査と出版が依頼され、1951年にギネスブックの初版が発売された。        (ウィキペディア引用)
スポンサーサイト

[ 2005/11/20 14:10 ] 日記!? | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

M~さん(エムーサン)

  • Author:M~さん(エムーサン)
  • ・おとこ
    ・大学生
    ・オリンピックで有名になったアーチェリーをやっていた。今は、JazzやRockに夢中。
    ・スポーツ全般が好き、特にサッカー。Manchester  United というイングランドのサッカークラブがかなり好き。
    ・あるやつに「おまえん家、竪穴式住居なんだろっ」て言われるけど、オレはいたって普通の住居に住んでるつもり。(;¬_¬)
    ・笑顔が好き、笑顔は最高。
    ・好きな色はみどり。
    ・Mr.Childrenファン。ファンクラブにも入っている。
    ・常に『世界進出』を目論んでいる。
    ・『ピンチをチャンスにかえる』のではなく、『チャンスをピンチにかえる』人を見てみたい。
今日の一言!ヽ(´∀`)ノ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。